未経験でオペ室の看護師求人に申し込む際の注意点

病棟勤務とオペ室勤務とでは、同じ看護師という職種でも職務内容が全く異なります。手術室において器材だしや手術前後の外回りを行うのがメインとなるオペ室勤務の看護師は、手術の流れを完全に把握することはもちろん、執刀医に合わせてどんな機材をどんな風に出せばよいのかなど、より手術をスムーズかつスピーディに行うために阿吽の呼吸で職務を遂行することが求められます。

 

病棟勤務の経験ならあるけれど、手術室での仕事は未経験という場合、求人募集で「経験者」のみが募集されているお仕事には残念ながら応募することができません。しかし、中には「未経験者でも可」というケースもあるので、現在は病棟勤務でオペ室勤務への転職を考えている人なら、そうした仕事を狙って応募すると良いでしょう。

 

未経験者がオペ室勤務の看護師に転職する場合には、お給料形態や勤務形態などががらりと変わることは理解しておいた方が良いですね。病棟勤務の場合には、ほとんどのスタッフが2交代制とか3交代制のシフト勤務で働いていますが、手術室勤務の場合には、手術の時間に合わせたシフト勤務が組まれるため、平日の日勤のみ、というシフト勤務になることも多いです。これは未経験に限ったことではありませんが、夜勤をしなければ夜勤手当がつかず、お給料はガクンと低くなってしまうこともあるのでその点を覚えておきましょう。また、未経験の新人看護師に与えられる職務は、主に器械出しの仕事となります。外回りの仕事は、経験を積んでからになるので、そうした点も理解しておいた方が良いでしょう。