手術室看護で覚えることの多さに辞めてしまう看護師も多い

手術室看護は、病棟勤務の看護師の職務とは大きく異なります。手術室看護のメインの職務は、手術における器械出し、そして手術前後における患者さんのチェックや家族とのコミュニケーションなど「外回り」と呼ばれる仕事。病棟で培ってきた経験は、手術室看護では全く役に立たないことも多いですし、病棟時代に得た経験や技術が手術室ではかえって邪魔になってしまうということもあります。

 

そのためでしょうか、ナースとしての技術や経験、キャリアを積むために手術室看護に転職してきた人でも、あまりのキツイ仕事に辞める人も少なくありません。手術のスピードについていけなかったり、覚えることが多すぎて自分には不適応だと判断したりして辞める人もいます。また、手術室看護では、執刀医のクセを把握して、執刀医がスムーズに手術できるような環境を看護師がサポートすることになるため、看護師と執刀医との相性も大切。執刀医と馬が合わないという理由で辞める看護師も少なくありません。

 

確かに、覚えることも多く、精神力や集中力、そして体力も求められるオペ室看護は、病棟看護師にとっては新しい事ばかりでキツイと感じてしまうこともあります。しかし、根気よく頑張れば、経験や技術も身に着けることができるので、自分次第では吉にも凶にも出る職場と言えます。実際に、オペ室勤務をしているナースの多くは、オペ室勤務は「自分の努力次第でどうにでもなる」と考える人が多くいるのです。