ブランクのある看護師がオペ室に復職する場合の注意点

医学の進歩やトレンドに合わせて、手術の術式なども少しずつ変化していくものです。オペ室勤務の看護師は、そうした最新の術式を把握するとともに、執刀医の癖やスピードに合わせて、よりスムーズかつスピーディな手術をサポートするのがメインの職務となります。常に最前線で働いている人にとっては、毎日の職務の中で少しずつ経験を積むことができるので、仕事のスピードも速くなりますし、勘もシャープに切磋琢磨されていくのですが、出産や育児などによって数年間のブランクがある看護師にとっては、はたして同じ職場に復職できるかどうかが大きな不安材料となってしまうことが多いのです。

 

オペ室勤務をしていた看護師なら、やはり経験と技術を生かせる手術室勤務へ復職したいですよね。しかし、ブランク期間が長くなってしまうと、「経験者」としての転職や復職は難しくなってしまう傾向にあります。看護師として仕事復帰したい場合には、オペ室でなくても病棟勤務へ転職したほうが、復職のしやすさはアップします。

 

ブランクがあってもオペ室へ戻りたいという人もいるでしょう。その場合には、ブランクOKとか未経験者OKの求人を見つけるのがおすすめです。求人数は多くありませんが、ゼロでもないので、根気よく探せば見つかります。効率的にそうした仕事を見つけるなら、転職支援サービスを上手に活用する方法がおすすめですね。ブランクがあっても復職をサポートしてくれる求人を検索できますし、より条件や待遇が良い仕事を見つけることができます。