オペ室の看護師求人に申し込む時に必ず確認しておきたいこと

病棟勤務とは基本的な職務内容が全く異なるオペ室の看護師。手術の流れを完全に把握して器械出しをするだけでなく、執刀医ごとに使用する器械やクセ、習慣などが異なるため、そうした点をすべて把握しながら、執刀医が手術を行いやすいように器械周りの管理を行うのも大切な仕事となります。看護師になったばかりの新米ナースにとってはオペ室勤務はハードルが高すぎるため、オペ室勤務の看護師求人のほとんどは、経験者に限定されている求人が多い傾向にあります。

 

オペ室勤務の求人に申し込む場合には、いくつか確認しておきたい点があります。まず、勤務形態ですね。病棟勤務の看護師なら、病院の勤務形態によって2交代制や3交代制のシフト勤務となるのがほとんど。しかし、手術室勤務の場合には、手術のスケジュールに合わせてシフトが組まれるため、仕事は月曜から金曜までの日勤のみだったり、特定の曜日に手術を行わなかったりする病院では、其の日がお休みになったりすることもあります。夜勤をしなければ夜勤手当もつきませんから、お給料は基本給に資格手当がつくぐらいと考えたほうが良いでしょう。

 

手術室勤務の看護師は、基本的にはどの診療科目の手術も担当することが多いのですが、そうした点も求人に申し込む際には必ず確認しておきましょう。手術室勤務では「手術の方法が分かりません」では済みません。手術の流れをすべて把握し、必要となる器材の準備をしたり、執刀医の手術のサポートを行ったりするのがオペ室ナースの職務です。自分にとって可能な職務かどうかを確認することも大切ですね。

オペ室の看護師求人を探す時は、転職支援サービスを有効に活用しよう!

それぞれの手術を通して、自分の技術や経験を最大に発揮することができるオペ室看護師。すべての手術工程を完全に把握するだけでなく、執刀医のクセや習慣も把握して、執刀医が手術を行いやすい環境をサポートするのも、大切な職務となります。長時間のオペでは、その時間ずっと職場を離れることができないため、体力や根気も必要ですよね。病棟勤務の看護師とは職務内容も求められるスキルもまったく異なるのが、オペ室勤務の看護師と言えるのではないでしょうか。

 

経験者を対象とした求人が圧倒的に多いオペ室勤務看護師の求人は、転職支援サービスを利用して見つけるのがベストです。転職サイトや求人サイトの中でも医療系スタッフのみのお仕事を取り扱っているサイトや、看護師のお仕事のみを取り扱っているサイトなら、スピーディに希望や条件に合った仕事を見つけやすいですよね。それに、複数の仕事を比較しながら自分のニーズに合った求人を見つけ、自分の能力を最大限に生かした条件で転職できるのも、こうした転職サービスを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

 

転職支援サービスは、ほとんどが無料で登録できます。それぞれのサイトごとに取り扱っている求人も異なるので、複数に登録するのも一つの方法です。それぞれのサイトに強みがありますので、複数サイトに登録することで、それぞれの強みをうまく活用することができます。ハローワークなどでは紹介されていない非公開の仕事も転職支援サービスなら豊富に取り扱っているので、より好待遇で好条件のお仕事が見つかるはずです。人気のあるオペ室勤務のお仕事だからこそ、良い条件の仕事をスピーディに見つけて応募したいですね。

 

オペ室と病棟の違いを把握しておきたい方へ

病院によっても大きく異なりますが、オペ室(手術室)と病棟では、看護師の勤務体制や求められることに違いがあります。
病棟勤務とオペ室勤務の両方を経験したことのある方は少ないと思いますので、興味のある方は、オペ室(手術室)と病棟の違いを把握しておいても良いでしょう。
現在、病棟勤務でオペ室勤務に挑戦を考えている方は、覚えないといけないことがとても多いことは覚悟しておきましょう。オペ室(手術室)は、はっきりとした目的をもった看護師が働くところです。